和泉蜻蛉玉とは、奈良時代以前より、現在の大阪府堺市 かつての和泉国でのみ製作されてきたとんぼ玉(ガラス玉)の歴史を正当に継承した技術・技法・材料で製作されたとんぼ玉の事。
現在は山月工房の伝統工芸士松田有利子によってのみつくられています。
1000年以上の歴史を持つ和泉蜻蛉玉を次の1000年に繋げるために山月工房は1000分の1年を今歩み出しています。

ワークショップ 製作体験のご案内

和泉蜻蛉玉製作体験
ガス火を使用して、和泉蜻蛉玉を製作する体験です。
古墳玉製作体験
電気溶解炉を使用して、髪留めや帯留め用のオリジナルガラス板を製作する体験です。
根付ストラップ製作体験
お好きな和泉蜻蛉玉と組ひもを選んで、昔ながらの帯飾り根付けストラップを製作する体験です。

様々な文様の商品たち

商品紹介を見る